-D-BOYS

2009年7月アーカイブ

D-BOYSとは

| コメント(0) | トラックバック(0)

D-BOYとはワタナベエンターテインメントに所属する若手の俳優集団のことです。
2009年2月現在のメンバーは遠藤雄弥、柳浩太郎、中村優一、五十嵐隼士、和田正人、鈴木裕樹、荒木宏文、加治将樹、瀬戸康史、中川真吾、柳下大、牧田哲也、中村昌也、碓井将大、三上真史、足立理、高橋龍輝、橋本汰斗の18人である。

メンバーは固定ではなく、その時々にワタナベエンターテインメントに所属している若手俳優が流動的に入るというような説明はされています。

D-BOYSの「D」はDrama(芝居)、Dream(夢)、Debut(デビュー)、Discovery(発見)、Development(成長、発達)などの意味がこめられているということ。

おそらく結成当初は、ワタナベエンターテインメント所属の若手俳優をプロモーションするひとつの方法としてD-BOYSという名前でグループ的な認識をもたせるといった意味合いで結成されたのではないかと思うけれども、2007年よりD-BOYS STAGEとして、メンバーがまとまって舞台を行うという劇団的なグループとしての一面も持つようになってきました。

2006年に放送していた「DD-BOYS」というバラエティ番組も行われていたけれど、こちらはメンバーがまとまって作っている番組というよりも毎回メンバーが何人か出演していたという紹介的なイメージであったため、あまりグループ活動といった印象ではなかったと思えます。

D-BOYSのメンバーはミュージカルテニスの王子様の出演者が多くいます。
全メンバー18名(09年2月現在)のうち、12人がミュージカルテニスの王子様の出演者です。

ミュージカルテニスの王子様は週刊少年ジャンプで連載されていたテニス漫画「テニスの王子様」のミュージカル版で、主人公である越前リョーマの在籍する青春学園がライバル校を打ち破り全国優勝を目指すというストーリーですが、このD-BOYSの出演者12人のうち11人が主役校である青春学園のメンバーを演じています。(D-BOYSを卒業した城田優もテニスの王子様の出演者ですので、彼を含めると13人の出演者のうち、12人が主役校のメンバーを演じていたことになります。)

といっても、すべてのメンバーが同じ舞台に立っていたわけではなく、キャスト変更を繰り返しながらロングランの公演を行っているミュージカルのため、同じ舞台には立っていないメンバーも当然いますが、しかしそういったキャスト変更が行われている中で、D-BOYSのメンバーが含まれていない公演がないというのは驚くべきところではないでしょうか。

ミュージカルテニスの王子様の初演の舞台に立ったのは、主人公越前リョーマを演じた柳浩太郎と当時ワタナベエンターテインメントの所属していた一太郎。その後、柳浩太郎の事故による降板により柳浩太郎に代わって、遠藤雄弥が出演。ライバル校である山吹中の千石役として和田正人が出演した。

そして主役校である青春学園のキャスト陣が一新される。新キャストとして出演したのが鈴木裕樹、荒木宏文、加治将樹、足立理と現在はD-BOYSを卒業した城田優。

そしてその後も次代の青春学園キャストとして、瀬戸康史、柳下大が出演。4代目として
牧田哲也が出演し、現在(09年2月現在)はその4代目メンバーとダブルキャストという形で5代目として高橋龍輝、橋本汰斗が出演している。

 

 雑学情報ブログ  依存症  統合失調症  多重債務の解決方法

D-BOYSのメンバーはワタナベエンターテインメントに所属している若手俳優ということになっていますが、定期的にD-BOYSオーディションが行われています。

ただし、D-BOYSのメンバーになるためにはD-BOYSオーディションを通過する必要があるというわけではなく、D-BOYSオーディションを受けずにD-BOYSに加入しているメンバーも多くいます。

第1回D-BOYSオーディションのグランプリは中村優一、準グランプリは五十嵐隼士そして和田正人が特別賞を受賞しました。

そして第2回D-BOYSオーディションのグランプリが熊井幸平、準グランプリは瀬戸康史、特別賞として中川真吾が受賞しました。熊井幸平は瀬戸康史とともに仮面ライダーキバにレギュラーメンバーとして出演していましたが、08年脱退。脱退理由はあきらかにされていません。

第3回D-BOYSオーディションはグランプリが柳下大、準グランプリが牧田哲也。第4回D-BOYSオーディションが碓井将大がグランプリ、三上真史が準グランプリを受賞しました。この時、三上真史はすでに「轟轟戦隊ボウケンジャー」にボウケンブルーとして出演するなどの実績があり、旧事務所を止めてからのオーディション挑戦でありました。そして第5回D-BOYSオーディションでは山田悠介がグランプリ、西井幸人が準グランプリ、三津谷亮が特別賞を受賞しました。第5回オーディション合格メンバーはワタナベエンターテインメントには所属となっていますが09年2月現在まだD-BOYSに加入はしていません。ただ、同オーディションにて最終選考まで残った橋本汰斗は、一足先にD-BOYSに所属となりました。

 

 発毛  夜泣き  手元供養  産み分け

D-BOYSと特撮

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近では特撮にもD-BOYSメンバーが多く出演しています。
三上真史のボウケンジャーはD-BOYSに加入する前ではありますが、D-BOYSは特撮番組でも活躍。
07年は、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」にゲキレッドとして鈴木裕樹、悪の総統・理央役で荒木宏文が出演した。これはオーディションの結果たまたまD-BOYSから二人が合格したということであったようですが、二人は、D-BOYSが馴れ合っているように見られないようにかなり気を配ったようです。

そして同じく07年放送であった「仮面ライダー電王」に仮面ライダーゼロノスとして中村優一が出演。中村優一は05年にも「仮面ライダー響鬼」に桐矢京介役で出演していたことからライダーに2作出演するということが話題に。

翌08年は「炎神戦隊ゴーオンジャー」にゴーオングリーンとして碓井将大が出演し「仮面ライダーキバ」には主人公仮面ライダーキバとして瀬戸康史が、襟立健吾役で熊井幸平(現在はD-BOYSは脱退している)が出演しました。

また少し遡ると06年には五十嵐隼士がウルトラマンメビウスに主人公メビウスとして出演しています。

09年の戦隊、仮面ライダーにはD-BOYSの出演はありませんが、戦隊の追加メンバーが登場する可能性も高いですし、仮面ライダーディケイドは、これからまだまだ多くのキャストが出演する作品ですので出演の可能性はあるのではないでしょうか。(ディケイドは第1話に瀬戸康史が出演はしていますけれどもね)

 

 ダイエットウォーキング運動の効果  アロマテラピー  育児の悩み
カテゴリー
更新履歴
D-BOYSとは(2009年7月18日)
D-BOYSとテニスの王子様(2009年7月18日)
D-BOYSオーディション(2009年7月18日)
D-BOYSと特撮(2009年7月18日)
カテゴリー
更新履歴
D-BOYSとは(2009年7月18日)
D-BOYSとテニスの王子様(2009年7月18日)
D-BOYSオーディション(2009年7月18日)
D-BOYSと特撮(2009年7月18日)